MENU   

【おハゲDIY】 手作り門柱③

こんにちは!

もう冬の寒さが頭皮にしっかりと沁みはじめてます。コーディーです。

 

門柱建ても終盤に差し掛かりました。一度始めたら意外とできるもんですね。

プロの方やベテランDIYerから見たら至らぬところばかりかもですが、まぁそれも含めてのDIYでございます。

☞ DIYとは - 誰でもなれるDIYer - おハゲ侍ブログ @多趣味ハゲ野郎

 

さて、前回は色塗りで終わりましたが、数日しっかり乾かして中々良い色に落ち着きました。門柱を建ててから、もう一度仕上げ塗するつもりですが、取り急ぎは良さそうです。

 

おハゲの激安ボロ愛車ちゃんはこんな風にも使えます↓

f:id:kodiek924:20201122122442j:plain

 

今回は門柱を穴に入れてモルタルで固めるまでの作業です。

 

 


位置決め~固定

まず、門柱の最終的な位置と高さを決めます。


高さは穴の中に砂利を敷いて、ブロックなどで調整します。

f:id:kodiek924:20201122123420j:plain f:id:kodiek924:20201122123528j:plain

 

門柱の位置などを決めたら門柱を建てて仮止めします。

適当な板材を組み合わせてブロックを両端に敷いて固定しました。

※ 検索すればもっと本格的に上手くとめてる画像でてきます!w

 

 

 

f:id:kodiek924:20201122123912j:plain

f:id:kodiek924:20201122123925j:plain


そして、各柱がしっかり密着するように金具で上部と下部を金具で固定しました。

f:id:kodiek924:20201122124045j:plain f:id:kodiek924:20201122124120j:plain


上部の金具はあとで上から色を塗りますが、下はモルタルで埋めちゃうので見た目は気にせずネジを打ち込みました。


コンクリートモルタル作り

コンクリートは砂3:セメント1:砂利6

モルタルは砂3:セメント1

 

基本は上記の割合で良く混ぜてから、水を少しずつ加えながら硬さを調整します。

f:id:kodiek924:20201122124325j:plain

今回は下地の半分はコンクリートで上半分はモルタルにしました。

(正解かどうかはわかりませんが)

 

どちらも特に急ぎで固めなきゃいけないわけではないんで少し水多め(柔め)にしました。お好み焼きが上手に焼けるくらいの硬さです。

 

水を多くすれば嵩も増えるんですが、それでも自分のモルタル製造用ケースでは、深さ4~50㎝幅30x120㎝の穴を埋めるには5回~6回くらい繰り返しモルタル作りが必要でした。

最終的に写真の砂4袋とセメント1袋とちょっと使用しました。

f:id:kodiek924:20201122124940j:plain f:id:kodiek924:20201122124955j:plain

本来は最後にセメントで綺麗に仕上げるのが良いんですが、結局土と石で埋めちゃうので今回はササっとしあげて終わり。

 

そして2日後。

 

すっかりカチコチに固まりびくともしません。どうやら成功のようです。

f:id:kodiek924:20201122125203j:plain

 

あとはこの門柱に電灯、インターホン、表札、ポストを設置したら完成です。

  


次回、電気工事は電気屋さんに頼んでいるので、その様子と完成した門柱を記録としたいと思います。それから、時間があれば一気に完成させます(=゚ω゚)ノ!うぇーい

 

 

記事を気に入っていただけた方はブックマークまたはシェアしてもらえたら嬉しいですby σ(゚∀゚ )おハゲ