MENU   

【おハゲDIY】 手作り門柱③

こんにちは!

もう冬の寒さが頭皮にしっかりと沁みはじめてます。コーディーです。

 

門柱建ても終盤に差し掛かりました。一度始めたら意外とできるもんですね。

プロの方やベテランDIYerから見たら至らぬところばかりかもですが、まぁそれも含めてのDIYでございます。

☞ DIYとは - 誰でもなれるDIYer - おハゲ侍ブログ @多趣味ハゲ野郎

 

さて、前回は色塗りで終わりましたが、数日しっかり乾かして中々良い色に落ち着きました。門柱を建ててから、もう一度仕上げ塗するつもりですが、取り急ぎは良さそうです。

 

おハゲの激安ボロ愛車ちゃんはこんな風にも使えます↓

f:id:kodiek924:20201122122442j:plain

 

今回は門柱を穴に入れてモルタルで固めるまでの作業です。

 

 


位置決め~固定

まず、門柱の最終的な位置と高さを決めます。


高さは穴の中に砂利を敷いて、ブロックなどで調整します。

f:id:kodiek924:20201122123420j:plain f:id:kodiek924:20201122123528j:plain

 

門柱の位置などを決めたら門柱を建てて仮止めします。

適当な板材を組み合わせてブロックを両端に敷いて固定しました。

※ 検索すればもっと本格的に上手くとめてる画像でてきます!w

 

 

 

f:id:kodiek924:20201122123912j:plain

f:id:kodiek924:20201122123925j:plain


そして、各柱がしっかり密着するように金具で上部と下部を金具で固定しました。

f:id:kodiek924:20201122124045j:plain f:id:kodiek924:20201122124120j:plain


上部の金具はあとで上から色を塗りますが、下はモルタルで埋めちゃうので見た目は気にせずネジを打ち込みました。


コンクリートモルタル作り

コンクリートは砂3:セメント1:砂利6

モルタルは砂3:セメント1

 

基本は上記の割合で良く混ぜてから、水を少しずつ加えながら硬さを調整します。

f:id:kodiek924:20201122124325j:plain

今回は下地の半分はコンクリートで上半分はモルタルにしました。

(正解かどうかはわかりませんが)

 

どちらも特に急ぎで固めなきゃいけないわけではないんで少し水多め(柔め)にしました。お好み焼きが上手に焼けるくらいの硬さです。

 

水を多くすれば嵩も増えるんですが、それでも自分のモルタル製造用ケースでは、深さ4~50㎝幅30x120㎝の穴を埋めるには5回~6回くらい繰り返しモルタル作りが必要でした。

最終的に写真の砂4袋とセメント1袋とちょっと使用しました。

f:id:kodiek924:20201122124940j:plain f:id:kodiek924:20201122124955j:plain

本来は最後にセメントで綺麗に仕上げるのが良いんですが、結局土と石で埋めちゃうので今回はササっとしあげて終わり。

 

そして2日後。

 

すっかりカチコチに固まりびくともしません。どうやら成功のようです。

f:id:kodiek924:20201122125203j:plain

 

あとはこの門柱に電灯、インターホン、表札、ポストを設置したら完成です。

  


次回、電気工事は電気屋さんに頼んでいるので、その様子と完成した門柱を記録としたいと思います。それから、時間があれば一気に完成させます(=゚ω゚)ノ!うぇーい

 

 

【おハゲDIY】 手作り門柱②

こんにちは!

 

家を建ててから数か月の間、お尻に根が生えてしまい、やるやる詐欺師へのジョブチェンジをあと一歩の所で踏みとどまったおハゲ侍コーディーです。

 

ちょっとハードル高そうな門柱づくり

でも【やればできる!DIYバッチコーイ】を最後まで届けたいです。

 

今回は門柱の購入から色塗りです。

 

 

 

 

門柱(枕木)GETだぜ

枕木というと、線路で使っていた古くなった枕木を引き取って売っているのをよく見かけます。


とってもアンティークな感じで雰囲気ありますが、安くても6千円~1万円。

結構高いです。 5本だけ建てたくても、あっという間に4~5万行っちゃうので、自分が門柱建てを足踏みしてた理由の一つはここにあります。(初心者DIYerには失敗リスクでかすぎ)

 

でも、おハゲのお尻に根が生えてやるやる詐欺師修行していた期間も、門柱を建てたいという灯火は消えておらず、行く先々で良い材料はないかと調べておりました。

 

そして出会ったのが、ホームセンター『ナフコ』に売っていたこれらの枕木。

 


あまりお金をかけたくないおハゲにピッタリのお値段設定。

f:id:kodiek924:20201111063450j:plain

f:id:kodiek924:20201111063502j:plain

f:id:kodiek924:20201111063513j:plain

見た目も時が経てば勝手に渋くなるじゃろう。フォッフォッフォ

180㎝ 2本
120㎝ 2本
60㎝ 1本

計5本(約1万5千円)を購入しました。

家に帰って早速、前回掘った穴に入れてみました。


f:id:kodiek924:20201111162113j:image
f:id:kodiek924:20201111162134j:image

↑妻と並び順を相談している様子です。


外用ペイントで色塗り

購入した枕木は一応防カビ材を塗っているとの事だったのですが、色にムラがあるのとちょっとだけカビも生えてたんで外用ペイントで塗り直す事にしました。
ペイントする為の道具は塗料以外は全部ダイソーで揃えました。

f:id:kodiek924:20201111064706j:plain

 

・ローラー (ダイソー)

・柄の部分 (ダイソー)

・塗料を入れるトレイ (ダイソー)

・塗料 (ホームセンター 約1,600円)

 

今回、塗るときは、愛娘 兼 助手のチビにゃんこちゃんが手伝ってくれました。

f:id:kodiek924:20201111065030j:plain

f:id:kodiek924:20201111065043j:plain

ダイソーの道具でもペイントの伸びも良く、ムラなくスムーズにできました。


後は1~2日乾かして、建てるだけ。のはずです…。

 f:id:kodiek924:20201111065219j:plain

 

本日はここまで。

 

次回はモルタル作りと門柱建てをします。

 

【おハゲDIY】 手作り門柱①

皆さん、こんにちは!


お尻に根がはるという精神的病によってここ数ヶ月ほぼすべての活動を休止していたコーディーです。

 

さて、そんなお医者さんでも治せない病を見事に克服し、DIYerへの道をまた歩み始めました。

 

家を建てて1年ちょい経ち、荒れに荒れた玄関周りから少しずつ始めます。
今回から数回に分けて、我が家に門柱ができるまでを記録します。

 

本日のTO DO

 


とりあえず掃除

何をするにも掃除から。


御覧の通り酷い状態でございます。

f:id:kodiek924:20201108072532j:plain


妻からは数ヶ月やるやる詐欺師と罵られ、自分でも『やるやる詐欺師』へとジョブチェンジし新たな人生を歩もうとしていましたが、

 

もう大丈夫。


ほら、一歩を踏み出せばこの通り。

f:id:kodiek924:20201108072459j:plain

f:id:kodiek924:20201108072709j:plain

やればできるハゲなんです、私は。


場所決め~穴掘り

次に門柱をたてたい位置を決めて穴を掘ります。

 

幅20~25cmの枕木を5本建てたいと考えているので、幅約120㎝くらいの穴を深さ約40~50㎝掘りました。
ここに枕木を突っ込みモルタルで固めればとりあえずの形はできあがりのはずです。

 

 

本日はここまで。

次回はは枕木の購入と色塗りします。

DIYとは - 誰でもなれるDIYer

どうも!約半年前に家を建てて、土地と家にお金を使い過ぎて、DIYに目覚めたコーディーでございます。

 

まだまだ、何もできない初心者ですが、将来は何でも作れるDIYerになりたい次第です。

 

ただ、DIYに目覚めたと言っても、そもそも『DIY』って何じゃろか…?

 

昨今、女性にも大変人気があり、今後さらに広がっていきそうなDIYという言葉。
調べてみるととても深い言葉でしたので、是非ご紹介したいと思います。

最後にはおハゲが勝手にDIYと思ってやってきた実例も合わせて紹介します。

 

 
そもそもDIYって何?


DIYとは英語の『DO IT YOURSELF』の略。つまり、『自分でやろう』って事のようでございます。
何かをするときに、お金を払って人に任せるのでなく、できることは自分でやろうという心持ちがDIYの中に含まれています。

木材を使って棚や箱を作ったりする事がDIYと思われがちですが(実際おハゲもそうでした)

自分でやる』って事の総称としてDIYという言葉があります。

なので、DIYに日曜大工の様な木材を使ってするものもあれば、アクセサリーなどを作る事も含まれます。

プロに任せず自分で何とかしてみることで得られる充実感や達成感も含めDIYの醍醐味となります。

DIYをする人の事をDIYerとも言うようです。

しかし、大前提としてDIYとは『素人』が自分ですることであり、プロの職人さんが自宅の犬小屋作ったり、するのはDIYとは少し異なるようです。

 

逆に言えば、少しのやる気とちょっとした道具があれば誰でもDIYはできるって事なんすね。 おハゲ、頑張ります!

 

DIYの歴史


『DO IT YOURSELF』という言葉が生まれたのは、第二次世界大戦終戦した1945年のイギリス・ロンドン。


戦争で破壊された街を自分たちで元通りにしようというイギリス内での国民運動のスローガンとなったのが『DIY=DO IT YOUSELF』でした。

その運動がイギリス国内で広まり、年月を経てアメリカへも広がる過程でDIYが『プロに頼まず自分でやる事で充実した人生を送る』という意味へと変化していきました。

そして、ようやく復興と高度経済成長期に入りつつあった日本でも日曜大工をする人が増え、それと同時にDIYの概念も上陸しました。

現在はいたるところで見聞きする様になったDIYという言葉。
実は戦争の破壊と復興への希望からできた言葉だったんですね。

冒頭で簡単に「DIYに目覚めた」とか言っていたけど、歴史を知ることでDIYの言葉の重みを感じるおハゲです。
本気でDIYに取り組んでいきます。


DIYの資格


現在、日本には『社団法人日本DIY協会』という公益法人があり、DIYアドバイザーという公的資格の認定試験を行っている。
試験合格にはDIYの知識と技能が必要となります。

日本DIY協会が定めている出題範囲。

一次試験(学科試験
住宅及び住宅設備機器に関する基礎知識
DIY用品に関する知識
DIYの方法に関する知識
DIYの関連法規に関する知識
その他、DIYに関する基礎知識

 

二次試験(実技試験、面接)
DIYに関する実技の能力
DIYを行う者 (DIYer) の相談内容を正しく理解し、これに基づいて的確に指導助言を行う能力

 

おハゲはまだまだ、DIYerへの道のスタート地点ですが、いずれはこの資格を目指すのも面白いかも。


おハゲのDIY紹介


最後におハゲが家を建ててから半年の間、勝手にDIYと思ってやった事を紹介します。

 

カーテンレールなどの取り付け

f:id:kodiek924:20200325104205j:plain


玄関の鍵かけの取り付け

f:id:kodiek924:20200325111241j:plain


トイレットペーパーホルダーの取り付け

f:id:kodiek924:20200325105306j:plain


テレビ台作り


おハゲの妻作、ポータブル郵便ポスト

f:id:kodiek924:20200325105612j:plain

 

さて、いったいどこからがDIYと言えるんじゃろうか。

 

今はできることが本当に僅かですが、これからも少しずつできる事を増やして、
知る人ぞ知るDIYerになりたいと思います。

記事を気に入っていただけた方はブックマークまたはシェアしてもらえたら嬉しいですby σ(゚∀゚ )おハゲ